”鉄人”と呼ばれた男「松本整」が贈るメッセージ ~いつまでも健康で質の高い人生を送るために~「熱い心を忘れずに、運動で健康な身体作り」を目指しましょう!

パワーチェンジトレーニングとは?
理論を学ぶ
ジニアスフィーリング
パワーチェンジトレーニングマシン
クラブコング
NPO法人 日本運動能力研究所
 
ワーチェンジトレーニングとは、特異性の原理を研究し生まれた新しいトレーニングです。
運動をどのような目的で行うかによって、トレーニング方法が決まります。
パワーチェンジトレーニング(以下PCT)では、例えば競技者がパフォーマンス向上を目的とした場合、力をどのタイミングで発揮するか?どの方向に発揮するか?その身体動作の特徴は?など特異性の原理に応じた5つのポイントで評価しトレーニング法を処方します。競技力向上にこれらポイントを外してトレーニングを行っても、何のために頑張っているのかを明確に説明し、トレーニング効果を上げることは非常に困難といえます。

た、この考え方を応用して作られたPCTマシンでは、健康増進やリハビリテーションの運動で外せない考え方であるにも拘らずその難しさゆえ放置されていた、血管に対する負担、つまり運動による急激な血圧の上昇を考慮したトレーニングを可能にしました。PCTマシンでは、この問題について出力曲線を適切なものにデザインすることで解決しました。また関節への負担軽減、筋への刺激の向上を同時に、しかも安全に行うことができます。こうした特徴は、ご高齢の方の運動や今問題となっているメタボリック症候群の方の運動にも適した方法といえます。
レーニングの三大原理(過負荷の原理、特異性の原理、可逆性の原理)の中でも最も研究が遅れていると言われる特異性の原理を研究して生まれた新しいトレーニング方法です。
 本来トレーニングの動作の出力発揮のタイミングは、目的とするスポーツの動作の理想的なものと同じにするか、もしくはその動作の解剖学的、力学的に合理的なものと同じにすることがトレーニングの目指す方向性として重要です。
 しかし、実際にはその様な考えがほとんど取り入れられていなかったり、また取り入れていたとしてもマシン特有の出力発揮のパターンに合わせるしかありま せんでした。パワーチェンジトレーニング(PCT)はそうした問題点を解決して開発された安全で合理的なトレーニングシステムです。

 パワーチェンジトレーニング(PCT)は強化を目的とするスポーツの競技動作や求められるトレーニングの出力発揮の特異性に合わせたトレーニングを可能にし、競技力の向上を期待できる画期的なトレーニングシステムです。

発に当たっては、競技力向上(スポーツ)のトレーニングだけではなく、リハビリテーションや高齢者を対象としたトレーニングにも広く応用できることを目標としました。
 リハビリテーション高齢者を対象としたトレーニングの分野では、PCTマシン(Leg press)を利用したトレーニングでは、末梢血管抵抗を表す平均血圧、心筋の酸素消費を表すダブルプロタクトの上昇が有意に抑制され、乳酸の発生も小さ いことが分かってきています。図1,2,3
 これらの結果は、高齢者や心筋症の患者など、循環器系に負担を与えたくない者のトレーニングに非常に有益となる可能性があります。(第64回 日本体力医学会大会 発表資料より)

 また、アスリートへのトレーニングとしては、出力の大きさ(図4)や出力方向(図5)が矯正されることが明らかになっており、ペダリング矯正ギアを使った研究実験では、8週間の計画的なトレーニングによって約15%も力の伝達効率が上昇(図6)しました。
(日本体育学会第58回大会バイオメカニクス分科会 発表資料より)

れらの結果は、アスリートの更なる進化に欠かせないトレーニングとして注目を集めています。 このように、今までのトレーニングに無い高いレベルでの特異性に沿ったトレーニング負荷が設定できるようになり、大きな効果が期待できます。
 なお、当クラブコングにおいては、このようなマシントレーニングだけでなく、フリーウェイトによるトレーニングも指導しております。

・特許取得
第3764124号(自転車のペダリング矯正装置)
第4054784号(体幹筋群の強化を行うためのトレーニング装置)  その他特許出願中
このページのトップへ