”鉄人”と呼ばれた男「松本整」が贈るメッセージ ~いつまでも健康で質の高い人生を送るために~「熱い心を忘れずに、運動で健康な身体作り」を目指しましょう!

「動脈硬化について」
 ここまで、メタボリック症候群について書いてきましたが、内臓脂肪の蓄積を基にした高血圧、糖尿病、高脂血症らは、あなたの血管に負担を与えて行きます。

 そして、最も恐ろしいことは、それらの疾病が相互に作用して、動脈硬化を促進して行くことなのです。先ず最初に言っておくと、動脈硬化の進行から発症する循環器疾患は、死亡するか、運良く死ななくても、社会復帰に大変な時間とお金が掛かるものばかりです。
 そういった状況になりたくない人は、生活習慣の改善に今すぐ取り組むべきなのです。

 まず動脈硬化というと血管が硬くなるというイメージですが、硬く脆くなるとともに、血液が通るところが狭くなることが特徴です。動脈硬化には、アテローム性粥状動脈硬化、細動脈硬化、中膜硬化がありますが、最も症例が多いのがアテローム性粥状動脈硬化です。

 アテローム性粥状動脈硬化は、生活習慣とのかかわり合いが深く、高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙などが危険因子となり進行すると考えられています。
 アテローム性粥状動脈硬化は、動脈(血管)の内側にアテローム(粥状)のプラーク(隆起物)が発生している状態です。このプラークは、コレステロールなどの脂肪性の物質が動脈壁にたまったものです。プラークは長い期間を経て成長し、血液の流れを妨げて行きます(狭窄)。こうして血管の中が狭くなり血圧もあがって来るのです。

 また突然、プラークが破れて血管内で血液が固まり血栓が出来て血管をふさいでしまう場合(血栓)や、血栓が剝がれてさらに細い血管をふさいでしまう場合(塞栓)があり、共に、その先の細胞へ酸素や栄養素が流れて行かないことになり、そこから先の細胞は死んでしまい、元には戻らない状態になってしまいます。

 つまり脳梗塞になったときに死んでしまった脳細胞は元には戻らないということです。
 脳に限らず、こうして機能しなくなった細胞や臓器は、もう二度と元へは戻らなくなってしまいます。動脈硬化から起るこうした症状は、大変厳しい状況を本人は勿論、家族にまで及ぼしてしまいます。

 今までの話で、動脈硬化の恐ろしさを、少しは理解していただけたでしょうか?
 血管の老化は、誰にでも起こります。しかし、動脈硬化は年齢が原因と諦めてはいけません。動脈硬化を病気と捉え、生活習慣を改善することで動脈が老化していく速度は大きく変わってきます。それほど生活習慣は大切だということです。

 次回は、コレステロールの基準値や動脈硬化の予防について話を進めて行きましょう。
[ 2007.11.20 ]
2008.1.19  さて、ここまでのお話で、メタボリック症候・・・
2007.11.20  ここまで、メタボリック症候群について書い・・・
2007.10.31  総理府の調査によると高脂血症は、他の生活・・・
2007.10.5 今回は「サイレントキラー」と呼ばれる高血圧・・・
2007.9.14 今回は、糖尿病の分類からお話して行きます。・・・
2007.8.31 現在、世界中の糖尿病患者は1億人を超え、わ・・・
2007.8.2 メタボリックシンドロームについて語るとき、・・・
2007.7.18 《今話題のメタボリックシンドロームについて・・・
松本 整
1959年5月20日、京都市生まれ。80年4月に門司競輪場でデビュー。通算1804走で415勝。2004年6月、第55回高松宮記念杯競輪で優勝し、G1最高齢優勝記録を更新、その直後に引退を発表した。現役時代から「中年の星」として、多くのメディアに紹介される。現在は、トッププロやオリンピック選手から高齢者まで、多くの人たちの競技力、身体能力の向上や健康増進の運動などを指導する傍ら、講演や執筆活動など多方面で活動中。

・日本運動能力研究所 http://www.jeal.net/
 理事長を務め、スポーツを通じて健康な社会づくりを目指す、特定非営利活動法人。

クラブコング http://www.clubkong.com/
 活動の拠点にし、独自理論・パワーチェンジトレーニングを実践しているスポーツクラブ。

■著者へのご質問、メッセージなどをお寄せください。
■メールアドレス
このページのトップへ
健康な食生活について
[ 2008.1.21 ]
 植物油に水素を添加し、その水素の位置がトラ・・・
ドクターズコラム
[ 2008.7.11 ]
 あっと言う間に3ヶ月が過ぎ、競輪復帰のタイ・・・
ドクターズコラム2
[ 2008.3.25 ]
 前回までは『五十肩』に対する運動についてお・・・
メタボリック症候群について
[ 2008.1.19 ]
 さて、ここまでのお話で、メタボリック症候群・・・
健康情報(クラブコングスタッフ)
[ 2008.11.10 ]
 前回、僕が担当した回の健康情報では、不眠に・・・