”鉄人”と呼ばれた男「松本整」が贈るメッセージ ~いつまでも健康で質の高い人生を送るために~「熱い心を忘れずに、運動で健康な身体作り」を目指しましょう!

「肩の痛み」:肩こり(その2)
 前回は『肩こり』の原因、症状、治し方についてお話しました。今回は『肩こり』を起こさないように予防する体操についてお話します。具体的な内容は以下のやり方です。実践してみてください! 

―肩こり体操―
1)両手の圧迫体操
両手でお祈りをするような格好(両手のひらを合わせる)で肘をできるだけ肩関節と同じ高さとし、左右に張って、背中を丸くして、息を吐きながら、手のひらを圧迫してお祈りをする動作を5秒間行い、3秒緩めるのを繰り返します。

2)肘を伸ばす体操
両肘関節を伸ばし、両手を組んで、肩の高さまで水平に前にあげ、この位置で十分に肘を伸ばして手のひらを圧迫します。5秒圧迫し、3秒緩めるのを繰り返します。さらに「伸び」をするように指だけ組んで、両手のひらを外側に向け、前腕を内側に回して(回内)肘を伸ばします。

3)肩すくめ体操
できるだけゆっくりと肩をすくめ、首を縮め、そしてゆっくりと肩をおろします。次に胸を張り、その後胸すくめ運動を行います。できれば肩すくめのとき息を吸い、肩をおろすときにゆっくりと息を吐きます。同様に胸を張るとき息を吸い、胸をすくめるときに息を吐きます。

4)おでこ押さえ体操
〃枋任料斡抵抗運動
両手を組んで額におき、抵抗を与え、これに抗して頚椎前屈を行います。5秒間、息を吐きながら力を入れ、2秒休み、これを繰り返します。

頚椎の後屈抵抗運動
同様の要領で、後頭部に手をあて抵抗を与え、これに抗して後屈を行います。5秒間、息を吐きながら力を入れ、2秒休み、これを繰り返します。

7枋任梁Χ抵抗運動
同様の要領で、側頭部に手をあて抵抗を与え、左右交互に行います。

 ここまで実践してみて気付きましたか?そう、皆さんが「肩が凝った」ときに何気なくする「身体の動き」が自然に肩こりを予防する体操になっていることに。
[ 2007.12.5 ]
2008.3.25  前回までは『五十肩』に対する運動について・・・
2008.3.4  前回は急性期を過ぎたら行う『コッドマン体・・・
2008.2.18  『五十肩』の原因は、肩の周りにある組織が・・・
2008.2.3  前回までは「肩こり」についてお話してきま・・・
2007.12.21  前回まで『肩こり』は、主に肩甲骨を吊り上・・・
2007.12.5  前回は『肩こり』の原因、症状、治し方につ・・・
2007.11.21  『肩こりとは何?』と言いますと、首から肩・・・
2007.11.6  「肩が痛い」とのことで皆さんは病院に行き・・・
2007.10.3 前回は変形性膝関節症の大腿四頭筋(太ももの・・・
2007.8.29 変形性膝関節症のお話もこれで3回目となりま・・・
2007.8.17 前回は変形性膝関節症の症状についてお話しま・・・
2007.7.18  こんにちは。はじめまして寺門厚彦と申しま・・・
寺門厚彦
日本医師会認定スポーツドクター/日本競輪学校 校医
整形外科専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医
順天堂大学リハビリテーション医学 准教授

 
■著者へのご質問、メッセージなどをお寄せください。
■メールアドレス
このページのトップへ
健康な食生活について
[ 2008.1.21 ]
 植物油に水素を添加し、その水素の位置がトラ・・・
ドクターズコラム
[ 2008.7.11 ]
 あっと言う間に3ヶ月が過ぎ、競輪復帰のタイ・・・
ドクターズコラム2
[ 2008.3.25 ]
 前回までは『五十肩』に対する運動についてお・・・
メタボリック症候群について
[ 2008.1.19 ]
 さて、ここまでのお話で、メタボリック症候群・・・
健康情報(クラブコングスタッフ)
[ 2008.11.10 ]
 前回、僕が担当した回の健康情報では、不眠に・・・