”鉄人”と呼ばれた男「松本整」が贈るメッセージ ~いつまでも健康で質の高い人生を送るために~「熱い心を忘れずに、運動で健康な身体作り」を目指しましょう!

中高年に多い膝関節痛:変形性膝関節症(その3)
変形性膝関節症のお話もこれで3回目となりました。前回は変形性膝関節症に運動療法(ストレッチ、筋力訓練)を行う理由についてお話しました。

運動療法による効果として「痛みの改善」「筋力の回復」「関節の動きの改善」「膝の水を減らす」などがあります。しかし、レントゲン写真による変形の進行(軟骨の損傷)は止められません。運動療法のメカニズムについては不明な点が多いのですが、一般的には、筋力アップによる関節安定性の獲得や軟骨に加わる力を弱め分散させる作用、ストレッチによる筋・腱・靱帯の弛緩作用などと考えられています。いずれにしても、運動療法により筋力が上がり、膝の痛みが楽になります。代表的な運動療法をお示しします。

(1)下肢挙上訓練(等尺性運動)
これは仰向けの姿勢で右膝を伸ばし、右足の踵を床から約10cm上げ、右下肢を持ち上げた姿勢を10秒位保持します。この動作を1回として1セット20回、1日2セットが目安です。この際、左膝は曲げて左足の裏を床につけて(立ち膝)ください。この立ち膝姿勢をしないと腰を痛めることがあります。右膝が終わったら左膝も行ってください。この運動は関節を動かさないため痛みが出にくいです。また10cm以上持ち上げると鍛えたい筋肉以外が働き効果が薄れます。

(2)膝伸展筋訓練(等張性運動)
座位で膝下に枕や座布団を入れ、膝を約45度曲げた姿勢から膝をまっすぐに伸ばす訓練です。これを1回として1セット20回、1日2セットが目安です。

これら2つの運動療法はいずれも大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)の筋力訓練です。この膝を伸ばす筋力訓練は基本的に全ての膝疾患に対する重要な治療法の1つです。自宅で簡単にできますので、是非とも実践してみてください。
[ 2007.8.29 ]
2008.3.25  前回までは『五十肩』に対する運動について・・・
2008.3.4  前回は急性期を過ぎたら行う『コッドマン体・・・
2008.2.18  『五十肩』の原因は、肩の周りにある組織が・・・
2008.2.3  前回までは「肩こり」についてお話してきま・・・
2007.12.21  前回まで『肩こり』は、主に肩甲骨を吊り上・・・
2007.12.5  前回は『肩こり』の原因、症状、治し方につ・・・
2007.11.21  『肩こりとは何?』と言いますと、首から肩・・・
2007.11.6  「肩が痛い」とのことで皆さんは病院に行き・・・
2007.10.3 前回は変形性膝関節症の大腿四頭筋(太ももの・・・
2007.8.29 変形性膝関節症のお話もこれで3回目となりま・・・
2007.8.17 前回は変形性膝関節症の症状についてお話しま・・・
2007.7.18  こんにちは。はじめまして寺門厚彦と申しま・・・
寺門厚彦
日本医師会認定スポーツドクター/日本競輪学校 校医
整形外科専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医
順天堂大学リハビリテーション医学 准教授

 
■著者へのご質問、メッセージなどをお寄せください。
■メールアドレス
このページのトップへ
健康な食生活について
[ 2008.1.21 ]
 植物油に水素を添加し、その水素の位置がトラ・・・
ドクターズコラム
[ 2008.7.11 ]
 あっと言う間に3ヶ月が過ぎ、競輪復帰のタイ・・・
ドクターズコラム2
[ 2008.3.25 ]
 前回までは『五十肩』に対する運動についてお・・・
メタボリック症候群について
[ 2008.1.19 ]
 さて、ここまでのお話で、メタボリック症候群・・・
健康情報(クラブコングスタッフ)
[ 2008.11.10 ]
 前回、僕が担当した回の健康情報では、不眠に・・・