”鉄人”と呼ばれた男「松本整」が贈るメッセージ ~いつまでも健康で質の高い人生を送るために~「熱い心を忘れずに、運動で健康な身体作り」を目指しましょう!

中高年に多い膝関節痛:変形性膝関節症(その2)
前回は変形性膝関節症の症状についてお話しました。

変形性膝関節症と聞くと「軟骨が磨り減った・・」と想像される方が多いかと思います。
『関節の軟骨』・・あまりイメージできないかもしれませんが、人間の軟骨は焼き鳥のナンコツ(白くてコリコリしたところ)と同じで、白くてつるつるしています。

実は軟骨には血管がなく血行がありません。人間の骨や皮膚には血管が存在し、骨折や皮膚を擦りむいても血行により組織が修復されますが、軟骨には血管がないため元に戻る能力がほとんどありません。一度軟骨が磨り減ってしまうと、減った軟骨が増えることはほとんどないのです。ですから、いかにして軟骨の損傷を防ぐか、または進行を遅らせるかということが大事になります。

また、みなさん「膝が痛いのは軟骨が磨り減ったせいだ」と思われるでしょうが、軟骨には血管や神経が存在しないので、軟骨の磨り減り(磨耗)で痛みを感じ取ることがありません。原因として関節の袋(関節包)が硬くなることや、膝関節の外側の筋肉・腱・靱帯が緊張して痛くなるなど、痛みを感じ取る神経が存在する部分が痛みの原因と考えられています。そして関節包や筋肉・腱・靱帯が硬くなるため膝の動きが悪くなり、正座や膝を伸ばすことが困難になります。

よってストレッチにて関節の袋(関節包)を伸ばしたり、筋肉・腱・靱帯の緊張を緩ましたりすることが有効なのです。また大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)の筋力訓練にて筋力が上がり、膝関節の安定化をもたらすため軟骨の損傷を防ぎ、進行を遅らせることができるのです。
[ 2007.8.17 ]
2008.3.25  前回までは『五十肩』に対する運動について・・・
2008.3.4  前回は急性期を過ぎたら行う『コッドマン体・・・
2008.2.18  『五十肩』の原因は、肩の周りにある組織が・・・
2008.2.3  前回までは「肩こり」についてお話してきま・・・
2007.12.21  前回まで『肩こり』は、主に肩甲骨を吊り上・・・
2007.12.5  前回は『肩こり』の原因、症状、治し方につ・・・
2007.11.21  『肩こりとは何?』と言いますと、首から肩・・・
2007.11.6  「肩が痛い」とのことで皆さんは病院に行き・・・
2007.10.3 前回は変形性膝関節症の大腿四頭筋(太ももの・・・
2007.8.29 変形性膝関節症のお話もこれで3回目となりま・・・
2007.8.17 前回は変形性膝関節症の症状についてお話しま・・・
2007.7.18  こんにちは。はじめまして寺門厚彦と申しま・・・
寺門厚彦
日本医師会認定スポーツドクター/日本競輪学校 校医
整形外科専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医
順天堂大学リハビリテーション医学 准教授

 
■著者へのご質問、メッセージなどをお寄せください。
■メールアドレス
このページのトップへ
健康な食生活について
[ 2008.1.21 ]
 植物油に水素を添加し、その水素の位置がトラ・・・
ドクターズコラム
[ 2008.7.11 ]
 あっと言う間に3ヶ月が過ぎ、競輪復帰のタイ・・・
ドクターズコラム2
[ 2008.3.25 ]
 前回までは『五十肩』に対する運動についてお・・・
メタボリック症候群について
[ 2008.1.19 ]
 さて、ここまでのお話で、メタボリック症候群・・・
健康情報(クラブコングスタッフ)
[ 2008.11.10 ]
 前回、僕が担当した回の健康情報では、不眠に・・・