”鉄人”と呼ばれた男「松本整」が贈るメッセージ ~いつまでも健康で質の高い人生を送るために~「熱い心を忘れずに、運動で健康な身体作り」を目指しましょう!

「肩の痛み」:五十肩(その2)
 『五十肩』の原因は、肩の周りにある組織が加齢によって変性(もろくなる)をおこし、痛みや炎症を生じ、反射的に筋肉がこわばりをおこして動かなくなります。
 このように動かなくなった状態を凍ってしまったようなので『凍結肩(frozen shoulder)』といいます。このような状態を軽くするために『五十肩』では様々な運動が取り入れられています。

 症状が生じたばかりのときは『急性期』といい、炎症が盛んな時期ですので積極的な運動は極力避け、炎症を軽くするために安静をはかります。
 2〜3週間経ちますと炎症は軽くなりますので、動かさないのはむしろ有害でこのままでは関節包が縮まり関節の動きが悪くなります。この時期より痛みのない方向に動かす運動を始めます。


 この時期に行う運動で代表的なものに『コッドマン体操』があります。

 (1)体を前方に90度に倒し、
 (2)腕の力を完全に抜いてぶら下げて、
 (3)上体から肩をぶら下げる形をとります。

 この姿勢をとることで肩の組織の緊張を取り除きます。
手にアイロンやダンベルなど重みのある物を持ち、腕の力を抜いた状態で痛みのない方向から腕を振る『振り子運動』です。

 この運動は家庭で簡単にできるので『五十肩』のときに主治医から、最初に教わる体操ではないかと思われます。この体操は肩関節にかかる負担が少ないので急性期を過ぎたすぐ後には有効なのですが、これだけでは肩の動きを良くするには限界があります。
 よって、この体操で肩関節がある程度動くようになれば、痛みの耐えられる範囲で、決して無理することなく積極的に肩の筋肉を使う運動をすることが勧められます。

 次回は「肩の筋肉を使う運動」についてお話します。
[ 2008.2.18 ]
2008.3.25  前回までは『五十肩』に対する運動について・・・
2008.3.4  前回は急性期を過ぎたら行う『コッドマン体・・・
2008.2.18  『五十肩』の原因は、肩の周りにある組織が・・・
2008.2.3  前回までは「肩こり」についてお話してきま・・・
2007.12.21  前回まで『肩こり』は、主に肩甲骨を吊り上・・・
2007.12.5  前回は『肩こり』の原因、症状、治し方につ・・・
2007.11.21  『肩こりとは何?』と言いますと、首から肩・・・
2007.11.6  「肩が痛い」とのことで皆さんは病院に行き・・・
2007.10.3 前回は変形性膝関節症の大腿四頭筋(太ももの・・・
2007.8.29 変形性膝関節症のお話もこれで3回目となりま・・・
2007.8.17 前回は変形性膝関節症の症状についてお話しま・・・
2007.7.18  こんにちは。はじめまして寺門厚彦と申しま・・・
寺門厚彦
日本医師会認定スポーツドクター/日本競輪学校 校医
整形外科専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医
順天堂大学リハビリテーション医学 准教授

 
■著者へのご質問、メッセージなどをお寄せください。
■メールアドレス
このページのトップへ
健康な食生活について
[ 2008.1.21 ]
 植物油に水素を添加し、その水素の位置がトラ・・・
ドクターズコラム
[ 2008.7.11 ]
 あっと言う間に3ヶ月が過ぎ、競輪復帰のタイ・・・
ドクターズコラム2
[ 2008.3.25 ]
 前回までは『五十肩』に対する運動についてお・・・
メタボリック症候群について
[ 2008.1.19 ]
 さて、ここまでのお話で、メタボリック症候群・・・
健康情報(クラブコングスタッフ)
[ 2008.11.10 ]
 前回、僕が担当した回の健康情報では、不眠に・・・