”鉄人”と呼ばれた男「松本整」が贈るメッセージ ~いつまでも健康で質の高い人生を送るために~「熱い心を忘れずに、運動で健康な身体作り」を目指しましょう!

怪我を根性で治そうとする者は一流にはなれない(その6)
 退院して40日後の7月29日、同じ競輪場の同じ場所で再び同じような落者事故が起きるという信じられない事が発生しました。

 左の第6、第7肋骨が再骨折してしまったのです。幸いなことに前回の様な血胸、気胸はなかったのですが痛みは酷く、しかも世界選手権には、後1ヶ月しか時間がないのです。今回ばかりは我々もお手上げの状態でした。あとは中野の根性に頼るしかないと正直考えました。彼の目を見て “やるのか? ” “やります” 短い会話で全てが理解し合えたと思いました。

 4〜5日の休養の後、バストバンドで胸を固定してバンクでの練習を開始しました。実戦同様の練習の後には氷による患部へのアイシング、更にはプールによるトレーニングが待っておりました。
 世界選手権の2週間前に選手達はアメリカに出発しました。“2週間の現地での練習で最高の状態に仕上げる”このテーマにコーチ、マッサージ士、メカニシャン、医師等が垣根を越えて全員が協力し合ったのです。

 アメリカに一週間遅れて着いた夜に、トレーナーの山本君が室にやってきました。“先生、私はこれから中野を怒らせます”何の事か最初は理解出来なかったが山本君は、中野に“今のままでは君は俵(当時中野の最大のライバルでした)に負ける。チームの勝利の為にこれからは俵を最優先で最高の状態に仕上げる”と言ったそうです。

 翌日から中野が無口になってきました。“怒り”が彼の身体の中で“痛み”を消し“集中”を生んだのだと後で解りました。レースの3日前に中野本来のフォーム、スピード感が戻っているのを見た時に一流選手が持っている“運の強さ”というものをしみじみと実感したものです。
[ 2007.12.3]
2008.7.11  あっと言う間に3ヶ月が過ぎ、競輪復帰のタ・・・
2008.6.16 ―――ここで又、とんでもない話が出てきました・・・
2008.5.19  何事かと思ってびっくりしましたが、取り敢・・・
2008.4.23  平成11年2月13日 観音寺競輪のA級準優勝の・・・
2008.4.8  治るはずがないと考えていたつま先が、次第・・・
2008.2.26  関谷選手が最初に大怪我をしたのは、平成2・・・
2008.2.9  競輪というスポーツが、プロの中で一番危険・・・
2008.1.23  実際、このロシアンインターバルをやった選・・・
2008.1.9  今、競輪界で一番強い選手は(?)と聞かれ・・・
2007.12.29  医師として彼の怪我に付き合っていて解った・・・
2007.12.12  毎日行われたチーム練習のキャプテンは中野・・・
2007.12.3  退院して40日後の7月29日、同じ競輪場・・・
2007.11.14  退院してからの中野の練習には悩みました。・・・
2007.10.10  中野(浩一)を病院内で運動させたいと申し・・・
2007.9.26 各分野の専門家の意見を要約すると2つのポイ・・・
2007.8.17 皆さんは中野浩一という選手を覚えております・・・
2007.7.18 こんにちは。はじめまして寺門敬夫と申します・・・
寺門敬夫
日本医師会認定スポーツドクター/日本競輪学校 元校医
脳神経外科専門医/社会福祉法人静和会 会長
老人福祉センターヴィターレ 所長  【http://www.vitale-dsv.com/

 
■著者へのご質問、メッセージなどをお寄せください。
■メールアドレス
このページのトップへ
健康な食生活について
[ 2008.1.21 ]
 植物油に水素を添加し、その水素の位置がトラ・・・
ドクターズコラム
[ 2008.7.11 ]
 あっと言う間に3ヶ月が過ぎ、競輪復帰のタイ・・・
ドクターズコラム2
[ 2008.3.25 ]
 前回までは『五十肩』に対する運動についてお・・・
メタボリック症候群について
[ 2008.1.19 ]
 さて、ここまでのお話で、メタボリック症候群・・・
健康情報(クラブコングスタッフ)
[ 2008.11.10 ]
 前回、僕が担当した回の健康情報では、不眠に・・・