”鉄人”と呼ばれた男「松本整」が贈るメッセージ ~いつまでも健康で質の高い人生を送るために~「熱い心を忘れずに、運動で健康な身体作り」を目指しましょう!

怪我を根性で治そうとする者は一流にはなれない(その5)
 退院してからの中野の練習には悩みました。傷ついた場所(左肋骨)は安静にして、まず身体の他の部分を鍛え上げ、次第に全体を仕上げていき、一方では心肺機能の向上を並行して訓練していくことを考えました。

 スクワットを中心とした下肢のトレーニングはスタートから一番重点が置かれたものでした。右上肢 →左上肢 →背筋 →腹筋と次第に患部に近付くように筋力トレーニングを行う一方、最初から心肺機能の低下を予防する為に、プールでのトレーニングも行いました。
 実は中野はスポーツ万能に見えますが、泳ぐことは本当に下手だったのです。必死になって足をバタバタさせるが、なかなか前に進まないのです。それがかえって心肺機能の向上に役立つとは皮肉な事でした。
 
 そして最後に仕上げる為には、自転車に乗ってのトレーニングが不可欠であり、実際彼がバンクでの練習を始めた時にはホッとしました。しかし負傷場所の痛みの為か、怪我の前に比べて上半身のフォームが違っているのです。ハンドルの引きがどうしても甘くなって、それが全体のフォームを乱している事に気付きました。
 肘を横に張り出した中野独特のフォームに完全に戻ったのは、世界選手権の4〜5ヶ月前だったのです。順調な仕上がりのように思われましたが、とんでもない落とし穴が待っているとは、この時はまだ我々も中野も気付いていませんでした。
[ 2007.11.14]
2008.7.11  あっと言う間に3ヶ月が過ぎ、競輪復帰のタ・・・
2008.6.16 ―――ここで又、とんでもない話が出てきました・・・
2008.5.19  何事かと思ってびっくりしましたが、取り敢・・・
2008.4.23  平成11年2月13日 観音寺競輪のA級準優勝の・・・
2008.4.8  治るはずがないと考えていたつま先が、次第・・・
2008.2.26  関谷選手が最初に大怪我をしたのは、平成2・・・
2008.2.9  競輪というスポーツが、プロの中で一番危険・・・
2008.1.23  実際、このロシアンインターバルをやった選・・・
2008.1.9  今、競輪界で一番強い選手は(?)と聞かれ・・・
2007.12.29  医師として彼の怪我に付き合っていて解った・・・
2007.12.12  毎日行われたチーム練習のキャプテンは中野・・・
2007.12.3  退院して40日後の7月29日、同じ競輪場・・・
2007.11.14  退院してからの中野の練習には悩みました。・・・
2007.10.10  中野(浩一)を病院内で運動させたいと申し・・・
2007.9.26 各分野の専門家の意見を要約すると2つのポイ・・・
2007.8.17 皆さんは中野浩一という選手を覚えております・・・
2007.7.18 こんにちは。はじめまして寺門敬夫と申します・・・
寺門敬夫
日本医師会認定スポーツドクター/日本競輪学校 元校医
脳神経外科専門医/社会福祉法人静和会 会長
老人福祉センターヴィターレ 所長  【http://www.vitale-dsv.com/

 
■著者へのご質問、メッセージなどをお寄せください。
■メールアドレス
このページのトップへ
健康な食生活について
[ 2008.1.21 ]
 植物油に水素を添加し、その水素の位置がトラ・・・
ドクターズコラム
[ 2008.7.11 ]
 あっと言う間に3ヶ月が過ぎ、競輪復帰のタイ・・・
ドクターズコラム2
[ 2008.3.25 ]
 前回までは『五十肩』に対する運動についてお・・・
メタボリック症候群について
[ 2008.1.19 ]
 さて、ここまでのお話で、メタボリック症候群・・・
健康情報(クラブコングスタッフ)
[ 2008.11.10 ]
 前回、僕が担当した回の健康情報では、不眠に・・・